最近、しみじみと、自分にとって何が大事で、何が幸せなのか、考えさせられます。

私にとって、お菓子作りは、召し上がってくださる方に少しでも幸せを感じていただくためのツールなんですよね。

小さいころ、誕生日になると、母親が、誕生日ケーキ用のスポンジを焼いてくれていました。

そこに、生クリームを塗ったり、フルーツを飾ったりするのが、子どもたちの役割でした。

その、作る過程も、そしてお祝いする瞬間も、心が満たされて、ほんとうに幸せな時間でした。

そんな、幸せな時間を作るためのお手伝いを、アトリエナユタができたら、嬉しいです。